[WordPress] ブログサイトにCocoonテーマを選んだ理由

WordPress

少しずつですが、WEBサイト制作に関して備忘録用に記事を書いてみています。

このブログサイトのテーマは「Cocoon」を使っています。
今回は、いくつかある他の選択肢の中からCocoonを選んだ理由。
また、Cocoonの気に入っているところを、少しご紹介したいと思います。

Cocoonを選んだ5つの理由

  • 利用者が多いこと
  • Conoha WINGの推奨テーマであること
  • 目次機能がブログ記事に便利なこと
  • ブログサイトとして親やすいブロックテンプレートが豊富なこと
  • カスタマイズの利用もしやすそうなところ

利用者が多いこと

WordPressでブログ運営をしている方で、Cocoonテーマを利用しているサイトが多いと感じました。
利用者の多さは、それに関わる情報の多さに比例します。
Cocoonを利用するにあたり、知りたいことが手軽に手に入るというのは、最大のメリットとも言えます。

ブログ運営者としての使い勝手だけでなく、読者の方にとっても「見やすい」「見慣れている」という点を、このサイトでは取り入れてみようと思いました。

逆を言えば、他のサイトと同じような感じになる。特徴が出にくい。という点はデメリットとも言えます。
このサイトは、パーソナリティや情報の特徴を出すという要素は今の所考えていないため、その点に関しては問題なしと捉えています。

Conoha WINGの推奨テーマであること

このサイトを運営するにあたって、契約したレンタルサーバーはConohaで、「Conoha WING」というプランを選択しています。

「Conoha WING」では、WordPressの簡単インストールや設定サポートが充実していて、推奨テーマで「Cocoon」が選択できます。
せっかくなので使ってみようという感覚で一緒にインストールしてみました。

「Conoha WING」プランの利用を検討中の方は、簡単に「Cocoon」テーマをインストールすることもできるので、手軽さという側面でもおすすめです。

目次機能がブログ記事に便利なこと

ブログ記事を書いていると、記事によっては全体のボリュームが大きくなる場合が多々あります。
適宜見出しで内容を区切っていかないと、どこに何が書いてあるのかがわからず、読む(情報を取得する)際に、労力を使うことになってしまいます。

Cocoonテーマには「目次機能」では、見出しを設定を自動で目次を設定してくれます。
記事の頭に、目次という形で見出しが整理されているので、「読む前に記事全体の内容が把握できる」ため、書いている本人にとっても全体の構成をつけやすくなります。
見出しへのリンクでページ内移動ができることも、ユーザビリティ(使いやすさ、使い勝手がよい)機能としてありがたいです。

ブログサイトとして親やすいブロックテンプレートが豊富なこと

WordPerssは標準エディタが「Gutenberg」になってから、記事をブロックごとに編集するようになりました。

記事の内容ごとにメリハリをつけるにあたって、ブロックごとにデザインを簡単に適用できるのは、とても助かります。

特に気に入っているのが、吹き出しブロックです。

こんな感じで、アイコンと枠のデザインを設定し、注目ポイントや、はしやすめのコメントなんかを書いています。

参考)Cocoon Blocksの現在の対応状況
Cocoon Blocksで現在利用できるデザインを確認できます。
自分のサイトでどうやって使おうかな、など参考になると思います!

カスタマイズの利用もしやすそうなところ

Cocoonで用意されている標準スキン(サイトデザインベース)や、登録されているスキンの適用でも、十分に見やすいサイトがつれます。
とはいえ私の場合、自分でサイトデザインをすることもあるため、細かいところを調整して利用したいという思いもあり、カスタマイズがしやすいかも、テーマを選ぶ上で気になる点になります。

Cocoonは、テーマをカスタマイズして利用しているユーザーもたくさんいるようで、参考になる記事も多くみつかります。
基本的には「スタイルシートを上書く」という形で、自己流にアレンジできます。
このテーマも少しだけカスタマイズしています。

どんなにきれいで、多機能なテーマでも、100%そのまま使うのは結構難しかったりします。
アレンジやカスタマイズをするために、ベースの作りを調べたり、上書きするためにイレギュラーな対応が必要なこともあります。
「最初から自分で作った方が早い」なんてこともなくもないので、カスタマイズしやすいというのは、本当にありがたいことです。

WordPressテーマ、人気があるものをピックアップ

WordPressの無料テーマをいくつか調べてみました。
Cocoon以外で、人気または評判良いテーマをいくつかピックアップします。

ブログサイト向け無料テーマおすすめ

Luxeritas

ブログサイトを運営する上で、必要かつ充実の機能が備わっています。
Cocoon以外で使いやすそうな無料のブログテーマだと、とても人気があるようです。
デフォルトデザインもシンプルで、今度別のサイトで使ってみたいなと思っています。

企業(コーポレート)サイト向け無料テーマおすすめ

Xeory

こちらは、コーポレートサイトのような構成をもつサイト、宣伝用のLPページなどを作りたい方に向いていると思います。
自分用のポートフォーリオや、お仕事のことを固定情報として発信したい場合に、利用してみたいと思っています。

ちょっと気になるデメリットは、公式サイトが重いことです。
初動で使う場合、運用していく際に、使用方法を調べることは多々あるので、情報表示に時間がかかるのは気になります。

参考)Xeory公式

Lightning

こちらもブログサイトよりは、コーポレートサイトに適したテーマです。
機能も豊富なため、ぜひ一度利用してみたいと思っています。

ただ、本格的なデザインで企業サイトと考えた場合は、有料テーマの方がよさそうです。
今回は「ブログサイト+無料テーマ」で探していたので、またの機会になります。

参考)Lightning公式

LION BLOG

テーマデザインがシンプル&スタイリッシュです。
写真や動画などを組み込んだ、ビジュアルで魅せる記事などを書く場合に利用してみたと思いました。

このサイトのブログ記事は、どちらかというと、WEBサイト制作の技術的参考記事(自分用まとめ)の要素が強いため、今回は利用しないことにしました。

参考)LION BLOG公式

Write

Writeテーマは、白ベースで本当にシンプルなデザインで構成されています。
正直デザイン的には一番好みではありますが、「親やすさ」よりは「スタイリッシュ」よりな印象です。
日常生活をつづるようなブログを書く場合には、使ってみたいなと思いました。

参考)Write公式

ブログサイトか企業サイトかで、ベースになる構成やデザインが変わってきます。

また、どのような種類の記事を載せるか、読者にどのような印象を持ってほしいかも、テーマ選びのヒントになると思います。

タイトルとURLをコピーしました