[WordPress] EWWW ImageOptimizerプラグインで画像を最適化

WordPress

記事に写真や画像を取り入れた際に気になるのが、ページの表示速度の問題です。
サイト運営で重要視される「SEO対策」は、この画像表示の速度にも大きく関わってきます。

サイトやページの表示が少しでも遅いと「すごく待たされている」感覚になりますよね。
そのような場合、ユーザーはそのページおよびサイトから離脱してしまいます。
離脱率はユーザーのサイト評価につながり、Googoleがそれを認識して表示順位(SEO)に影響がでてしまいます。

画像のリサイズ、データ圧縮などを自動で行うWordPressプラグイン「EWWW Image Optimizer」をインストールして、表示速度に関してのSEO対策をしてみましょう。

EWWW Image Optimizerインストール

[プラグイン]→[新規追加]で「EWWW Image Optimizer」を検索します。
「EWWW Image Optimizer Cloud」と似ているプラグインがありますが、今回は「「EWWW Image Optimizer」」をインストールします。

インストールしたら、有効化します。

EWWW Image Optimizerの設定

プラグインを有効化するとサイドメニュー[設定]の中に[EWWW Image Optimizer]項目ができているので、クリックし設定画面に移動します。

初期設定

インストールしたばかりの段階では、初期設定を行う画面でてくるので、項目にチェックを入れて進めていきます。

初期設定最初の画面では、「サイトを高速化」にチェックをし、「今は無料モードのままにする」を選択して「次」をクリックします。

サイトの推奨設定が表示されますが、そのままの設定で問題ありません。
[設定を保存]をクリック。

「完了」ボタンをクリックで、初期設定を完了します。

詳細(個別)設定

初期設定後に、個別の設定を行います。
最小限の追加で2箇所設定します。

タブ[基本]を選択し、直下にある「Enable Ludicrous Mode」リンクをクリックします。

タブのメニューが増えた詳細設定のメニューに切り替わります。

タブ[基本]の「メタデータを削除」の「EXIF やコメント、カラープロファイルなどピクセルデータでないすべてのメタデータを削除します。」にチェックを入れ、ページ下部にある「変更を保存」をクリックします。

タブ[変換]を選択します。
「変換リンクを非表示」にチェックを入れ、ページ下部にある「変更を保存」をクリックします。

画像はどれくらい圧縮されているのか

この画像の場合、元はファイルサイズ「621KB」、サイズ(解像度)「2560(px) x 1829(px)」になっています。

最適化後はファイルサイズが「325KB」、サイズ(解像度)は「1920(px) x 1372(px)」になっています。
約半分のサイズになりました。

すでにアップロードされている画像を最適化する

すでにアップロードされている画像は最適化されていません。
メディアライブラリをリスト表示すると、左側に「画像最適化」の列ができています。
個別に対応する場合は「今すぐ最適化!」をクリックします。

一括で行う場合は、左メニュー[メディア]→[一括最適化]をクリックで対応できます。

タイトルとURLをコピーしました