Conoha WING利用時のWordPressプラグインについて

WordPress

WordPressは、本体のみインストールでも利用することができますが、「プラグイン」という拡張機能を追加することで、サイトをカスタマイズすることができます。

Conoha WINGサービスでは、WordPress運用時に対応しておいた方が良い設定や機能追加をサポートしてくれます。

詳細を理解しなくてもブログサイトの運営はできますが、「どんな機能が追加されているのか」「設定した機能はどのような内容か」、概要だけでも把握しておくと何かあったときに対応しやすくなります。

ConoHa WINGでWordPressインストール時のプラグイン一覧

Conoha WINGからWordPressをインストールした方は、以下のプラグインがインストールされています。

プラグインリスト

プラグインは「WordPress標準」「Conoha WINGから追加でインストール」「Conoha WINGの機能設定パッケージ」の3種類に分けられます。

プラグイン 概要
WordPress標準 Akismet Anti-Spam (アンチスパム) スパムコメント対応
Hello Dolly 名曲「Hello Dolly」の歌詞の1節が表示
WP Multibyte Patch 日本語文字化け対応
追加プラグイン SiteGuard WP Plugin セキュリティ対応
ConoHa WINGプラグイン ConoHa WING コントロールパネルプラグイン ConoHa WINGのWordPress機能設定パッケージ
ConoHa WING 自動キャッシュクリア サイトキャッシュ対応
TypeSquare Webfonts for ConoHa Webfonts設定

ConoHa WING専用プラグイン

サイト表示の高速化、セキュリティ対策は、ブログサイト運営でとても大切な部分です。
Conoha WINGでは標準でサポートしてもらえるので、初心者の方には敷居が低いながら、必要な対策が取れます。

ConoHa WING コントロールパネルプラグイン

ConoHa WINGで利用しているサーバー側を制御します。

高速化設定

「キャッシュ」というものを設定すると、ユーザーが訪問した際の情報を一時的に保存する機能になります。
再訪問した際に、ブラウザは全体を再読み込む必要がないため、表示を高速化することができます。

セキュリティ設定

WAF(Web Application Firewall)
Webアプリケーションの脆弱性を悪用した攻撃からWebサイトを保護するセキュリティ対策です。

WEB上のサービスは、外部からの脅威に常にさらされている状況にあります。
特別の理由がない限り、サーバー側で設定する「WAF」は有効化しておく必要があります。

参考)Conoha WINGサポート
ご利用ガイドWAFの設定をする

ConoHa WING 自動キャッシュクリア

WordPressの記事を投稿した際に、ConoHa WINGサーバー上のコンテンツキャッシュを自動でクリアするプラグインです。

ConoHa WINGコントロールパネルの高速化で「コンテンツキャッシュの設定」をしています。
公開後の記事に変更がなければ問題ありませんが、記事を更新した場合はキャッシュをクリアする必があります。
「ConoHa WING 自動キャッシュクリア」は、記事の更新時に自動で対応してくれます。

追加プラグイン

「SiteGuard WP Plugin」は、Conoha WING側で追加でインストールされたプラグインです。

SiteGuard WP Plugin

WordPress側に設定する、サイトセキュリティのプラグインです。
「不正ログイン」「管理ページ(/wp-admin/)への不正アクセス」「コメントスパム」に関しての攻撃を防ぐことができます。

WordPressは世界的にもユーザー数が多いサービスのため、狙われる確率も非常に高いです。
「SiteGuard WP Plugin」は日本語サイト対応でもあり、必須で追加しておいて損はない機能です。

参考)公式サイト
SiteGuard WP Plugin

TypeSquare Webfonts for ConoHa

フォントをどのように利用するかは、

ConoHa WINGを利用している方は、モリサワフォントをWEBサイトで利用することができます。

モリサワフォントは基本有料フォントになり、価格は¥54,780/年程度します。
個別契約せず、無料で利用できるのは大きなメリットです。

情報やデザインに合わせて、適切なフォントを選ぶことができると、ぐっとサイトの情報力(読みやすい、伝わりやすい等)がアップします。

WordPress標準プラグイン

WordPress本体をインストールした際に、標準で用意されているプラグインです。

日本語で運営する場合「WP Multibyte Patch」は必須です。
コメント欄を開放する場合「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」は必須です。
「Hello Dolly」は削除しても問題ありません。

WP Multibyte Patch

WordPressの元言語は英語対象で作られています。
英語はアルファベットで「シングルバイト」の文字で表現できますが、日本語に使用する平仮名や漢字は「マルチバイト」の文字で表現されます。
日本語が文字化けすることをふせぐために、「WP Multibyte Patch」というプラグインが用意されています。
日本語でのWPをインストールした場合は、標準で入っているので、必ず有効化します。

参考)プラグイン公式
WP Multibyte Patch

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)

WordPressではブログ記事を公開した際に、コメント欄を設置し、読者からの声を掲載し、記事情報を活性化することに役立てることができます。

ただし、何も対策をしないでコメント欄を開放すると、記事に関係のない一方的な書き込みとみなされる「スパムコメント」が発生してしまう可能性があります。

サイト運営者、読者にとっても有害であり、セキュリティ的にも問題になるため、スパムコメントの対策は必須になります。

WordPressでは標準で「Akismet Anti-Spam」というプラグインが用意されています。

参考)プラグイン公式
Akismet Spam Protection (Akismet スパム保護

Hello Dolly

Louis Armstrong(ルイ・アームストロング)の名曲「Hello Dolly」の歌詞の1節が表示されるものになります。

ブログやサイト自体の機能に関わるものではないため、プラグインを削除しても問題ありません

WordPress記念すべき最初のプラグインになり、その文化を引き継ぐという背景でインストールされています。
プラグインの仕組みや、WordPressの歴史、文化に興味を持った方は、「Hello Dolly」について調べてみると、面白いまた興味深い一面に出会うことができると思います。

タイトルとURLをコピーしました